岡山で不用品回収を依頼するなら広和産業へ

広和産業の不用品回収について

広和産業の不用品回収で、地域の生活はもっと便利になる

岡山県を中心に不用品の無料回収、買い取りなどのサービスを行っている広和産業(便利屋イエローサービス)。リサイクル業者としてスタートし、現在は便利屋業務や引越・運送業にまで業務内容を拡張しています。
 
広和産業がリサイクル業から様々な分野に業務を広げた背景には、地元・岡山で感じた、ある思いがあります。
 
広和産業は創業時、地元の鏡野を中心に、一軒一軒の家を足で回ってチラシを配りました。当時の鏡野は過疎化が進行し、地域に住んでいる多くの人が高齢者という状況になっていました。少子高齢化という現実を目の当たりにしたのです。実はこのチラシ作戦には予想もしなかった大きな収穫がありました。配布したのは「黄色いチラシ」だったのですが、不用品の処分、人手が足りなくて困っていた多くの高齢者から、
 
黄色いチラシのところかな
 
という問い合わせが殺到したのです。
 
これら多くの問い合わせが「便利屋」作業へと業務を拡張するきっかけとなりました。そして便利屋サービスの名前は、多くの人々が目にしてくれた「黄色いチラシ」から名付けられました。便利屋イエローサービスはこうして生まれたのです。
 

広和産業は、地元に根ざした不用品回収業者

広和産業は、岡山県で地元に根ざしたサービスを提供している不用品回収業者です。少子高齢化が進む日本で、広和産業のような地元密着型の「便利屋」サービスの重要性は増すばかりです。「黄色いチラシ」を配りながら目にした地元の光景は、その後の幅広いサービス展開につながりました。実際に足で回って初めて分かった、地元が直面している社会問題。広和産業が現在行っているサービスのすべてが、地元の声に応えた結果であることは言うまでもありません。
 
幸せの「黄色いチラシ」は、10年が経過した今でも、地元の人々と広和産業の絆として大きな役割を果たしています。